日本ペットロス協会
吉田先生は「悲しみを乗り越え、立ち直るまでが『真にペットと暮らすこと』では」と仰います。

吉田千史先生

マインドセラピーセンター百合丘所長。
日本ペットロス協会会長、伴侶動物との別れを癒す会顧問。
麻布獣医科大学卒業後、駒澤大学大学院心理学専攻博士課程修了。
臨床心理士。獣医師。日本初のペットロスのグリーフ(悲嘆)セラピストとして、ご活躍、ペットを失った人々のカウンセリング、心理療法に従事なさっている。
日本ペットロス協会を主宰し、電話相談『ペットロス110番』を開設するほか、パラ(準)カウンセラー養成講座や新設の動物医療カウンセラー養成講座も開催。

カウンセリング

吉田先生の「ペットロス・パラカウンセラー養成講座」には、ご自身のペットロス体験が、カウンセリングを学ぶきっかけとなり、パラカウンセラーとなられた方、これから必ず来るペットとの別れに備えて学ばれるペット愛好家の方も多く、動物看護師や獣医師の方などの動物医療従事者、医療・福祉関係者や、また、私のように動物霊園関係者など、同じ悲しみを経験する者同士の気持ちの共有ができるよう、皆さん、熱心に学ばれています。 ペットロス・パラカウンセラー養成講座は、ペットロスの基礎知識、終末期にあるペットと飼い主さんへのケア、カウンセリングの基礎理論、人間と動物の関係学など、ペットロスのパラカウンセラーとしての知識と技能が学べます。

私自身も、家族の一員だった愛犬を突然に亡くし、自分の不注意で死なせてしまった事の後悔と、今を共に暮らしている子供のように大切な2頭の愛犬との「やがて来る別れ」に、どう向き合おうか・・・という思いから、自分のカウンセリングを兼ねて、吉田先生の講座で学ばせていただきました。
――ペットが死んでしまったら、そこで終わりではなく、死んでなお、私たちに教えてくれるもの――

共に暮らす中で、思いやりや責任感など多くのことを学び、別れを経験し、悲しみに苦悩し、ペットロスを乗り越え立ち直るということ、それは、私たちを人としてより成長させてくれます。

吉田先生は、「悲しみを乗り越え、立ち直るまでが『真にペットと共に暮らす』ことでは」と仰います。
出会い、そして共に暮らした意味を無駄にすることなく、人生に生かしていきたいですね。

ペットロス・パラ(準)カウンセラー養成講座
ペットロスの基礎知識、終末期にあるペットと飼い主さんへのケア、カウンセリングの基礎理論、人間と動物の関係学など、ペットロスのパラカウンセラーとしての知識と技能を学びます。(通信講座や上級コースもあり)

ペットロス110番
電話、または面談によるカウンセリング。

[問い合わせ] 日本ペットロス協会
044-966-0445(月〜金11:00〜19:00)
http://www5d.biglobe.ne.jp/~petloss/

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求

人とペットが共に眠れる霊園

 「人間の命、動物の命、命の尊厳は同じである」という理念から生まれた、心温まる霊園。ペット専用霊園ではなく、一般の霊園墓地でありながら、「人とペットが共に眠れる墓所区画」を有する待望の霊園です。
 共に暮らした家族の一員であるペットと『共に同じ地で眠りたい』という想いを形にしました。最愛の家族を失った方にとって、「人の死を供養することと、動物の死を供養することに分け隔ては無い」と私どもは考えます。
 小豆沢墓苑(あずさわ墓苑)は宗教不問であり、在来仏教、キリスト教、無宗教の方、どなた様でも、お求めいただけます。また、霊園ですからご購入後の祭祀も自由・寄付等の心配もございません。温もりとやすらぎに包まれた空間を、ごゆっくりとお過ごし下さい。皆様のご来苑、スタッフ一同心よりお待ち致しております。


蓮華堂(れんげどう)
東京都板橋区小豆沢3-7-32
小豆沢墓苑2F

 

閲覧経路:小豆沢墓苑トップページ >> ペットロス >> 日本ペットロス協会

※当ホームページの文章、画像等の全部または一部を掲載・転載することを禁止します。